コエンザイムQ10

アンチエイジングで行う紫外線対策

オゾン層破壊により、肌に直接届く紫外線量は年々増えています。
そして、この紫外線は、美肌を保つアンチエイジングには大敵で、これを原因とする老化要因のことを、光老化といいます。

紫外線が肌に到達すると、真皮ではコラーゲンなどの形を変形させ、シワやたるみを引き起こし、表皮ではメラニンを大量発生させてシミの原因を作ります。
ナチュラルメイクで若々しくありたいというアンチエイジングにとって、隠せなくなるシミやシワが増える光老化は紫外線対策によって防がなくてはならないものです。

紫外線には、UV-Bと、UV-Aというものがあり、Bが真皮に届くもの、Aが表皮に届くもので、それぞれ日焼け止めクリームには、SPFとPAという形で防げる数値が表されています。
できるだけ数値の高いもの、そして、肌への負担が少ない配合物の少ないものなどを選ぶことがおすすめです。
しかし、この日焼け止めクリーム、実は、それだけの数値を効果として表せるのはかなり厚塗りをした場合のことで、実際には薄く塗るだけではそこまでの効果は期待できません。
つまり、日焼け止めクリームのみに頼るのではなく、その他の対策が必要になります。
UVカットと称された商品は多数出ていますし、実は、ファンデーションの仕上げに付けるパウダーファンデーションは、粉密度が高く、紫外線を跳ね返すという効果があるのでおすすめです。

さらに、日焼け止めクリームを塗る前に、必ず保湿をすることが大切です。
焼ける前に肌は乾燥し、それが老化の原因にもなります。
つまり、保湿を十分にしておかないと、紫外線対策にならないということなのです。
汗をかいた後や、エアコンの付いた室内は、特に乾燥しているので注意が必要です。
こまめに水分補給を肌にも行いましょう。

紫外線がそこまでアンチエイジングにとって大敵だという証拠は、自分の二の腕の内側を見れば一目瞭然でしょう。
あまり日に当たる機会が少ないこの部分は、色白で、弾力があり、美肌を保っているのです。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない事 All Rights Reserved.