コエンザイムQ10

アンチエイジングで行う肝臓ケア

美しさは内面から、とよく言ったものですが、それとはまた違った意味で、美しく若くあるためのアンチエイジングには、まずは内蔵からということがとても重要なのです。
そして、その中でも特にアンチエイジングに深く関わっている内蔵が肝臓なのです。

まずは、肝臓の働きをみてみましょう。
肝臓では、たんぱく質を合成し、血液中に流すことで様々な細胞の代謝を助けるという重要な働きがあります。
この代謝が、美しさを保つのにとても重要なことはわかると思います。
そして、それに加えて血液中の古い老廃物を除去する働きもしています。
ここが衰えると、どんどん老廃物が溜まっていき、老化していくことになります。
その老化が最も出るのが肌への影響です。
シミや肌荒れを起こす原因になるのです。
また、細かいところでいけば、全身の様々なところで原料となる働きをするアルブミンという栄養素を合成するという働きもあり、これがどれだけ体内にあるかどうかが若さの秘訣とも言われます。

この肝臓がもし弱っているとしたら、体がだるい、シミが増えた、白目が黄色いなどの症状が見られる場合があります。
そうなると、その弱まっている肝臓をケアしなければ、アンチエイジングに悪影響を及ぼします。
そのため、ある食材によるケアが必要になります。
それが、肉としじみです。
肝臓にしじみがいいという話はよく聞くかもしれません。

お酒を飲んだ次の日はしじみの味噌汁を飲むといういわれを実践している人は多いでしょう。
それは、しじみに肝機能を強化してくれるオルチニンと呼ばれるアミノ酸とタウリンが含まれているからなのです。
さらに、肉、特に赤みの肉にはアルブミンが多く含まれています。
代表的なのがレバーで、ビタミンB群が多く含まれています。
そして、たんぱく質を分解するのを助けるビタミンを豊富に含まれているため、肉を積極的に取ることで、肝臓のケアに繋がるのです。
効率的に摂り入れて、肝臓をしっかりケアし、アンチエイジングに役立てましょう。


SITE MENU

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない事 All Rights Reserved.