コエンザイムQ10

アンチエイジングの保湿成分に関して

アンチエイジングにとって、肌の保湿は欠かせない大切なものです。
なぜなら、乾燥は老化の原因であり、これにより、シワやたるみができ、化粧の乗りまで悪くなり、見た目年齢が上がる一方だからです。
そして、この乾燥は、元々肌にあるはずの保湿成分が加齢とともに失われていくために起こってくるという、まさに老化の症状なのです。

肌を含む皮膚には、表皮と真皮で構成されています。
注意しておきたいのは、表皮でいくら保湿をたっぷりとしたスキンケアを行ったところで、決して真皮までには浸透することはないということです。
つまり、スキンケアでは中からの保湿の改善はできないということです。
しかしながら、表皮の保湿力を高め、しっかりと肌の水分量を上げておくことで、バリア機能を高めることができるため、スキンケアも、アンチエイジングのために欠かせないことであるということがわかります。

それでは、アンチエイジングに効果的で代表的な保湿成分を挙げてみましょう。
まずは、表皮から。
肌のまさに表面、薄い角質層に存在するのがセラミドという脂質成分です。
角質間を埋め、肌の水分が外に逃げないための役割を担っているまさに保湿の要です。
ここが欠けると、一気に乾燥が進行します。
冬には減少しますし、加齢によっても減少するため、スキンケアで補う必要があります。
また、角質細胞の中に元々存在しているのが、天然保湿因子(NMF)というアミノ酸でできた成分です。

次に、真皮です。
この主成分となっているのがコラーゲンです。
入ってきた水分を離さないという性質があるため、自らの保水力は弱くても、抜群の保湿力を持ちます。
体内で合成される成分ですが、加齢とともにその生成される量は低下していきます。
そして、そんなコラーゲンに保水力で保湿を促しているのがヒアルロン酸です。
なんと、1gで1lの水を蓄えることができるのです。
ゼリー状の成分で、細胞間のクッションとしても働きます。
これら、真皮の保湿成分については、直接注射施術や、食事から体内に入れるという摂取方法で補う必要があります。


SITE MENU

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない事 All Rights Reserved.