コエンザイムQ10

アンチエイジングとホルモンの関連性

アンチエイジングには、様々な栄養成分が取り上げられていますが、それとは別に、様々な効果を発揮する重要な物質があります。
それがホルモンです。
人間には、70種類以上ものホルモンが体内で必要に応じて分泌されています。
その中でも、アンチエイジングに特に関係してくるのが、“女性ホルモン”と“成長ホルモン”なのです。

まず、女性ホルモンの代表的なものであるエストロゲンは、卵巣から分泌され、特に月経後や出産後は分泌が盛んになるものです。
これは、美肌ホルモンと呼ばれるほどに、美肌効果をもたらすホルモンで、主に肌の新陳代謝を促進する働きを担っています。
肌を活性化させることで、ハリや弾力を取り戻し、シワやたるみを防ぐことができます。
このホルモンは、20代を境に、年々減少していくことがわかっている、いわゆるエイジングにより減る物質の一つなのです。

もう一つが成長ホルモンです。
これは、脳の下垂体から分泌されるホルモンで、一番に思い浮かぶのが文字通り、子どもから大人への成長を促進するホルモンなのですが、大人になってからは、それがアンチエイジングやダイエットのためにずっと関係してくる大切なホルモンなのです。
アンチエイジング効果としては、美肌、育毛、老化防止などが挙げられるほか、脂肪分解を促進することによるダイエット効果や、筋肉量を増加させることによる筋力アップなども望めます。

さて、女性ホルモンについては、サプリメントや食事などで補うという方法になりますが、成長ホルモンの分泌を促すのは、筋トレと睡眠と空腹です。
筋トレといっても、激しいものではなく、ゆっくりとしたスロートレーニングをすることで、分泌が増えます。
また、眠る前に急激に体温が下がることで成長ホルモンは分泌されるのですが、さらには深い睡眠を取ることも重要です。
また、空腹時にも分泌されるようにできているため、間食でだらだらと満腹感のあるという生活は避けた方がいいでしょう。


SITE MENU

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない事 All Rights Reserved.